【ゴミ屋敷片付け】福岡市早良区でどうしても浪費がやめることができな女性宅の片付け

【ゴミ屋敷片付け】福岡市早良区でどうしても浪費がやめることができな女性宅の片付け

ゴミ屋敷に佇む犬イメージ

 

福岡市早良区でゴミ屋敷片付け・汚部屋清掃を行っている業者「アークサービス」です。

 

ネット通販って便利ですよね。僕はAmazonのヘビーユーザーです。でも、便利な半面、ついつい買いすぎたり、ダンボールの処分が面倒だったりするんですよね。

 

今回はそんな通販を利用しすぎて汚部屋化してしまった事例紹介です。ワンちゃんが可愛かったです。

 

ご相談内容・お見積り

「部屋をゴミ屋敷にしてしまい困っています」

 

はじめにいただいた相談メールは、上記のようなものでした。その後、何度かメールでお悩み相談をしているうちに、「お願いします」と部屋の片づけをする決意をしていただきました。そこで、まずはお見積りをするため、福岡市早良区加茂のマンションまで出向きます。

 

今回のお客様は、ご自身の部屋のことを「ゴミ屋敷」と称していらっしゃいました。そのため、「今回片づける部屋はかなりひどい状態かもしれない」と勝手に想像を膨らませながら現場へと向かいました。

 

現場ではK・D様に出迎えていただきました。同時に、ペットのワンちゃんも玄関で出迎えてくれ、とてもかわいらしかったです。部屋の中を確認させていただきましたが、玄関から見たところ、特に問題ないように見えました。

 

するとK・D様は「実は、この奥なのです」とおっしゃり、リビングの奥の扉をあけて見せてくださいました。

 

そこには、ダンボールの山ができていました。一番高いところでは2mを超えており、バランスが崩れると非常に危険な状態です。そして、この危険な場所を寝室にしておられました。ワンちゃんもこの部屋で寝ているそうです。ベッド以外の場所はダンボールとモノに埋め尽くされており、床が全く見えません。

 

K・D様は、以下の内容を話してくださいました。

 

「数年前からネットショッピングにはまってしまい、次から次に買ってしまいます。このダンボールは全て通販のダンボールです」

 

「先日ダンボールが雪崩を起こしてしまい、怪我しそうで困っていました。この子(ワンちゃん)のためにも、普通の部屋にしてあげたいです」

 

「実は、どこに相談していいのかわからず、今回ご相談するまで半年以上悩んでいました」

 

これらのことが、K・D様が弊社にご相談いただくまでの経緯になります。

 

K・D様に限らず、片づけが苦手な方にはある共通点があります。それは「買い物の仕方にルールがない」ことです。

 

ついしてしまいがちな衝動買いは、本当に必要なものではないかもしれません。また、惰性で購入している雑誌や健康食品も、いつの間にか莫大な量になっている方を何人も見てきました。

 

このような買い物の積み重ねにより、だんだんと部屋がモノに侵食されてしまいます。そして気がつく頃には、自分の手には負えない状態になってしまうのです。

 

今回の事例は、まさにこの典型です。つまり今回のお客様は、手当たり次第に気になるものを購入してしまっていたのです・K・D様ご自身も、「買い物依存症かもしれません」、「お恥かしいです」と肩を落とされていました。

 

しかし、K・D様はこの恥かしい気持ちを抑え、弊社にご相談いただきました。ご相談いただいたからには、全力で依頼主様をサポートさせていただきます。

 

正規の料金と作業可能な日時をお伝えし、ご納得の上、正式にご契約をいただきました。

 

作業内容

K・D様は「部屋がゴミ屋敷になっている」と言われていましたが、実際にはそのようなことはありませんでした。大量に見えるゴミの山も、そのほとんどがダンボールなので、つぶしてしまえばたいした量ではないのです。

 

まずは、山積みになったダンボールを、スタッフと手分けして次々とつぶしていきます。

 

ただ、その中の3割程度は、まだ未開封のままです。このような新品のものを勝手に処分するわけにはいきません。そのため、ダンボール内の服や化粧品を丁寧に取り出していきます。

 

取り出したものは、保管用のダンボールへ移します。今回は立会いを希望されなかったので、後ほど依頼主様に確認していただきます。

 

次は、床に散らばっているさまざまな小物の仕分け作業に入ります。

 

留守番中のワンちゃんは吠えることなく、おとなしくベッドの上で待っていてくれました。

 

今回の作業では、スタッフが2名であり、3時間ほどで終了しました。

 

最後に、K・D様に先ほど判断のつかなかったものと、部屋の仕上がりを確認していただき、ご満足していただきました。ここで、K・D様からちょっとしたお願いをされました。部屋の模様替えのために、家具を移動してほしいとのことです。

 

女性の一人暮らしでは、重量物の移動が困難です。このようなちょっとした作業であっても、弊社では快く引き受けさせていただきます。

 

最後にK・D様が、「もっと早くに頼めばよかったです。半年も悩んだのがバカみたいです」と、悩みから開放され、素敵な笑顔で話していただけました。

 

弊社にご依頼いただいたほとんどのお客様から、作業終了後にいただく言葉があります。それは、「こんなに簡単に済むなら、もっと早くに頼んでおけばよかった」というものです。

 

片づけができず悩んでいる方はとても多いです。ただ、数ヶ月、数年と悩んでいたことでも、実際に行動してしまえばわずかな時間で解決することができます。

 

そのためのお手伝いをしているのが、弊社アークサービスです。何年も相談できずお悩みの方は、ぜひ弊社へご相談ください。

 

→ 【画像あり】実際にあった驚きの事例を見てみる 福岡の事例パート1 福岡の事例パート2

 

トップページへ


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ