【筑紫野市でゴミ屋敷清掃】「まさか私が汚部屋住人になるとは・・・」編

【筑紫野市でゴミ屋敷清掃】「まさか私が汚部屋住人になるとは・・・」編

画像

 

筑紫野市でゴミ屋敷片付け・汚部屋清掃を行っている業者「アークサービス」です。今回は福岡県筑紫野市のマンションにお住まいの30代女性、K・T様よりご依頼いただいたときの事例を紹介します。

 

お問い合わせ内容

K・T様からのご相談は、無料メール相談からいただきました。このときの実際のメール内容は以下のものになります。

 

「ネットで検索してメールさせていただきました」

 

「部屋のゴミ片付け、クリーニング、不要な家電系の処分をお願いしたいのです。部屋(1K)全体が、ゴミ、缶・ペットボトル・ビン(中身が残ってるの多数)と、そうでないものが入り交じっています」

 

「何度かこの状態を脱出しようと試みたんですが現状酷くなるばかりです。今まではここまでの状態になったことはないのですが自分が情けなくてたまりません」

 

「自業自得とわかってはいるんですが、近所の方にはなるべく知られたくありません」

 

「必要なものは事前に隔離しといてとのことですが、ゴミに紛れて目につかず事前にそれをするのは厳しいのです。そんな状態状況でも対応可能なのでしょうか?」

 

このようなご相談でした。K・T様に限らず、ご相談をいただく方の多くは自己嫌悪に陥っていらっしゃいます。特にこれまではできていたことが、ストレスや病気でできなくなったときほどその傾向が強いです。

 

このように自己嫌悪に陥っている方は、相談をするだけでも勇気を必要とします。そのため、相談をするだけでも数ヶ月かかることは珍しくありません。

 

弊社では、このように不安を抱えてご相談をいただく方の心情を汲み、真剣に対応をさせていただいています。

 

また、K・T様のご希望により、「見積りに納得できたら、そのまま作業に入ってもらいたい」「シークレットプランでお願いしたい」とのことでした。そこで、部屋の様子を写真に撮っていただき、即作業に入ることができるか判断することになりました。

 

このとき、K・T様に撮影していただいた写真が以下のものになります。(本人様のご希望により加工しています)

 

事例画像

 

間取り1Kの部屋は床が全く見えない状態で、膝丈ほどゴミが溜まっていました。また、飲料水が多く、そのほとんどは飲み残し手ある状態でした。

 

しかし、この程度であれば即日作業は十分に可能です。このことをK・T様にお伝えするととても喜んでいただき、「それではその内容でお願いします」と仮契約をしていただくことができました。

 

作業内容

次の日、福岡県筑紫野市のマンションに向かいます。K・T様と玄関でご挨拶をします。「本当に汚いですけど、どうぞ」と、とても恥かしそうなご様子でした。

 

実際の現場を確認してみると、前日にいただいた写真のときよりもスッキリしています。お話を伺ってみると、「業者さんとはいえ、部屋を見られるのが恥ずかしいので頑張りました」と笑っておられました。

 

笑ってはおられましたが、少々お疲れの様子です。口にはマスクをされており、おそらく弊社が来るまでの間に、片付けを頑張っておられたものと思われます。

 

今回は立ち会いを希望されなかったので、しっかりと打ち合わせを行うことになりました。打ち合わせをおろそかにすると、必要なものまで処分してしまう可能性があるからです

 

詳細にK・T様のご希望を伺い、作業終了の15分前にご連絡することをお約束し、いったん外出されることになりました。弊社はさっそく作業に取り掛かります。

 

今回の現場は特に飲み残しのペットボトルが多いです。これはどの現場でも少なからずあるものですが、今回は300本を越えています。

 

手際よくペットボトルの中のものを流し、適切に分別していきます。それでもかなりの時間を要しました。ただ、事前にしっかりと打ち合わせをしていたので、全体の作業はとてもスムーズです。

 

部屋全体の方付けが終わったあとは掃除です。簡易清掃とはいえ、できる限りきれいにしていきます。作業終了時の写真は以下の通りです。

 

事例画像

 

事例画像

 

残しておくものは一まとめにしておき、すぐに確認できるようにしています。最終確認をしていただくために、K・T様に作業終了のご連絡をします。

 

部屋をご覧いただき、とても喜んでくださいました。このとき、次のようなお話を聞くことができました。

 

まさか私がこんな風にゴミをためてしまうとは思っていませんでした

 

「でも、仕事上のストレスなどで、あるときから片付けができなくなってしまったのです」

 

「ちょこちょこと片付けはしていたのですが、ここまでひどくなったのは初めてでした」

 

「いろいろとお世話になり本当にありがとうございました」

 

弊社では何百件という部屋を片付けてきましたが、このような方は多いです。部屋を汚してしまう方のほとんどは、もともとは普通に片付けができる人です。

 

しかし、お話しの中にあったように、ストレスなどで「あるときから片付けることができなくなった」と話してくださいます。このようなお話を聞くと、現代社会の歪を感じます。

 

弊社では、何らかの理由により片付けができなくなった方の支援を行っています。部屋の方付けや遺品整理でお困りのときはご相談ください。

 

アンケート

 

K・T様よりアンケートをいただきました。以下に紹介します。

 

事例画像

 

弊社にご相談いただいた理由は何ですか?

 

ネットで調べていた時、他のみなさんのコメントを読んで、ここなら大丈夫かなと思ってお願いしました。

 

スタッフの対応はご満足いくものでしたか?

 

とても気持ちのいい対応をしていただきました。

 

作業内容にご満足いただけましたか?

 

はい。満足しております。

 

担当者から一言

 

この度は弊社アークサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

 

事前にある程度の片付けをしていただきありがとうございました。また、作業内容にもご満足いただけたことをうれしく思います。

 

またお困りの際にはご相談くださいませ。この度はありがとうございました。

 

→ 【画像あり】実際にあった驚きの事例を見てみる 福岡の事例パート1 福岡の事例パート2

 

トップページへ


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ