福岡のゴミ屋敷片付けスタッフ紹介

福岡のゴミ屋敷片付けスタッフ紹介

 

梶塚 美樹(かじづか よしき)

はじめまして。代表の梶塚です。

 

僕は、「アークサービスを頼りにしてくれた方を幸せにしたい」という信念で創業当時からサービスを提供してきました。

 

「片付けられなくて悩んでいる人すべてを助ける!」なんて大きなことが言えたらかっこいいんでしょうけど、僕にできることは限られています。それでも僕の手が届く範囲で、笑顔になってもらいたいと、本気で思っています。

 

こんな信念とは裏腹に、体力には自信がありません。結構鍛えてるんですけど、夏場の作業は誰よりも先に休憩をとってしまいます。(暑いの大嫌い)

 

こんな情けない代表ではありますが、これからもおもてなしの精神で、お客様に喜んでいただけるサービスを提供していきたいと思います。

 

※追伸
最近はたくさんのご依頼をいただけるようになってありがたい半面、予約の関係でお断りすることが多くなってきています。お断りをせざるを得なくなったお客様。大変申し訳ございませんでした。今後はスタッフの増員も考慮し、お客様のご希望に添える体制を整えていきたいと考えています。

 

画像

青山 昌弘

カメラを向けると無表情になる青山さんです。普段は柔和で人当たりもいいのに、「ハイチーズ」の掛け声とともにムスッとした顔になります。(これでも4回ほど撮り直しました)

 

どうも緊張するみたいです。本当はとっても優しい人なんですけど写真からは伝わらないのが悔しいです。

 

青山さんはハウスクリーニング、簡単なリフォーム、家屋の修繕と何でもこなせるスーパーマン。対応もとても丁寧で、お客様からの信頼も厚いスタッフです。

 

弱点は匂いに敏感なところ。こんな仕事をしていてどうなの?と思いますが、悪臭が強いとえづきだします。早く慣れてもらいたいものです。

 

趣味が苔玉集めと、かなり渋いところをついてます。(最初は苔玉とは一体…と思っていましたが、とても良い趣味です。気になる方は検索してみてください)

 

画像

山崎 雅子
山崎さんは、本当にごく普通のおばちゃんです。

 

なぜかすぐお客様と仲良くなって話し込んでしまうので、「手を動かして〜〜」と心でいつも懇願しています。

 

でも、このちょっとした世間話がお客様には楽しんでもらえてるようです。気がつくと深い話まで発展していることがあるのでハラハラします。

 

こんなこと言ってますが、一旦集中すると黙々と業務を遂行できるすごいおばちゃんです。ハウスクリーニング、整理整頓でお客様の部屋をきれいにするのが得意です。

 

趣味は畑仕事だそうです。よく菜園でとれたミニトマトやじゃがいもを分けていただいてます。野菜のできが良いときは、僕(代表)が「迷惑じゃないですか?」と言うのにお客様におすそ分けするような、そんなおせっかいなおばちゃんです。

 

他、1名の登録スタッフ、計4名でサービスを提供しています。

ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

福岡県のゴミ屋敷片付け画像

大量のゴミ片付けの事例

北九州市のゴミマンション片付け画像

遺品整理の事例

福岡市西区の遺品整理現場画像

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けサービス内容

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ