福岡市西区でゴミ屋敷片付け(超多忙で片付けできない編)

福岡市西区でゴミ屋敷片付け(超多忙で片付けできない編)

福岡市西区のゴミマンション片付け

 

福岡市西区でゴミ屋敷片付け・汚部屋清掃を行っている業者「アークサービス」です。

 

今回は、「忙しすぎて帰ってから何もする気が起きない」とお悩みの、E・Kさま(女性)よりご依頼いただいたときの事例の紹介です。

 

ご相談内容

弊社の電話受付時間は、19:00までとさせていただいておりますが、E・Kさまからお電話いただいたのは20:00を回ってのことでした。(電話に出られるときは快く対応しています)

 

「部屋をすごいことにしてしまってどうしていいのかわからなくなりました」

 

「こちらならなんとかしていただけるんじゃないかと思いご連絡したのですが、はじめて業者に頼むのでどうすればいいでしょうか?」

 

このようなご相談でした。
はじめての方はみなさん不安を抱えてご相談されます。
弊社では、できる限り不安を取り除くことを心がけ、わかりやすいようにご説明しています。
このときは、まずは部屋の状況を確かめさせてほしいことを伝えました。

 

「わかりました。恥ずかしいですが、一度見に来てください」

 

「本当に汚いです。それでも見に来てくれますか?」

 

もちろん大丈夫ですとお伝えし、次の日にお見積もりに伺うことになりました。

 

お見積もり

西区の現場につきました。
比較的新しいマンションです。

 

E・Kさまに出迎えられ部屋に入ると、ゴミや不用品がベッドの高さ(約40cm)まで堆積しており、唯一スペースが確認できる場所がベッドのみでした。(写真一枚だけご紹介)

 

福岡市西区の実際のゴミ屋敷画像

 

E・Kさまのお話によると、とにかく仕事が激務で、この部屋は帰ってきても眠るだけ。月に1,2度の休みは1日中寝て過ごすため、片付けたい気持ちとは裏腹に、手が付かない状態だそうです。帰ってきて部屋を見るたび憂鬱になり、「なんのために仕事としているのだろう?」と落ち込んでしまうとのこと。

 

たしかに月に1,2度の休みは尋常ではありません。いわゆるブラック企業というやつでしょうか。弊社も仕事内容はきついですが、休みはきちっと取らせるようにしています。何もする気が起きないというのは当然かもしれません。(とういうか当然です)

 

片付けうんぬんの前に、しっかりと体を休めないと本当に体を壊してしまうかもしれませんよね。

 

お話を伺った上でE・Kさまのご希望は、

 

  • 引っ越しはしないので不用品とゴミだけを処分してもらいたい
  • 何があるか忘れているので立ち会いたい

 

とのことでした。E・Kさまに残すものを伺いながらお見積もりを提示しました。
金額には納得いただいたようで、その場で即決。できるだけ早くに作業に取り掛かることになりました。

 

作業内容

作業当日。
ジャージ姿のE・Kさまといっしょに、さっそく作業開始です。

 

ゴミのほとんどは、ペットボトル、コンビニゴミ、服、ビールの空き缶でした。
その他にも、不要な漫画、アクセサリー、家電(扇風機など)、汚れた食器、チラシ、さまざまな書類など大量です。
これをしっかり分別しながら搬出していきます。

 

量が量だけに2日間かかりました。
慣れない作業にE・Kさまもクタクタでしたが、時を追うごとにきれいになっていく部屋を見ながら、「うれしいです」と喜んでいただけました。

 

仕事でお疲れのはずのE・Kさまもこちらがびっくりするほど動いていただけ、予定よりも早くに終わらせることができました。
最終的には、最低限の生活必需品のみを残し処分です。
清掃後はピカピカになりました。

 

作業終了時に差し入れ(スポーツ飲料と今川焼きありがとうございました)をいただき、今回の作業は終了です。
忙しくて片付けが後回しという方はとても多いです。自分ではどうしようもなくなった不用品回収は得意としています。
同じような悩みをお持ちの方はぜひご相談ください。

 

→ 【画像あり】実際にあった驚きの事例を見てみる 福岡の事例パート1 福岡の事例パート2

 

トップページへ


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ