福岡県朝倉市でゴミ屋敷片付け、一人暮らしの女性からの依頼

福岡県朝倉市でゴミ屋敷片付け、一人暮らしの女性からの依頼

一人で膝を抱え込む女性

 

福岡県朝倉市でゴミ屋敷片付け・汚部屋清掃を行っている業者「アークサービス」です。

 

今回ご紹介する事例は、ご両親がなくなったことをきっかけにゴミ屋敷化した、40代女性、F・Yさまよりご依頼いただいたときの事例です。

 

ご相談

F・Yさまからのご相談はお電話でした。ご相談内容は以下のとおりです。

 

「少し先のことなのですが引っ越しを考えています」

 

「でも、、、部屋がすごい状態なので、引越し業者を呼ぶことも退去することもできません」

 

「本当にひどい状態なのですが、(見積に)来てもらうことはできますか?」

 

このようなご相談でした。弊社はどのような状態でも問題なく見積もりに伺います。
ご希望の日時を聞くと、「できるだけ早い方が良い」とのこと。

 

しかし、ちょうど運悪く(?)予約が詰まっており、すぐには見積に行けない状況でした。
お見積もりに行けるのは1週間後になることをお伝えすると、「それでもかまいませんのでぜひお願いします」とありがたいお言葉をいただけました。

 

ご希望の日時を伺い、後日現場に向かうことになりました。

 

 

お見積もり

1週間後。ご希望どおり夜の9時に朝倉市の現場に伺いました。

 

インターホンを押すと、F・Yさまが中からでてこられました。
「すみません。本当に汚いですけど、どうぞ」
そう促されて部屋の中に入ります。

 

部屋を確認すると間取りは3LDK。80平米程度でしょうか。
そのすべての部屋いっぱいに不用品が溜め込まれていました。
(※写真はご希望により撮影しておりません)

 

リビングは膝丈を超える量で、リビング以外の3部屋は成人男性の胸のあたりまでゴミが堆積しています。
お話によると、

 

「両親をなくしてからというもの、何もかもがどうでも良くなり、一気にゴミを溜めてしまいました」

 

「ただ、私一人住むのにこの部屋は広すぎるので、今回きれいにしていただくことを機に引っ越しを考えています」

 

「家電や一部の家具を除き、その他のすべてを処分していただきたいです」

 

「身軽になって再スタートをきりたいと考えています」

 

とのことでした。
一人になったことをきっかけにゴミ屋敷化した事例は少なくありません。
F・Yさまも、お父様が存命のときはきれいにしていたとのこと。
一人になった寂しさや、咎める人がいなくなったことでタガが外れてしまったのだと推測されます。

 

ご希望としては「冷蔵庫も処分したい」とのことでした。
中は消費期限が切れた食品が入っており少々匂っていましたが、私が見る限りとてもきれいです。
これを処分するのはとてももったいないと感じました。

 

そこで、「中を拭き上げれば十分使えますよ」とご提案しました。すると、

 

「まだ5年くらいしか使っておらず、問題なく機能しているのですが、臭いや雑菌が気になっていました。掃除すれば使えそうですか?」

 

「実は新調しようと電気屋を見てみたのですが、『高いな〜』と感じていたんです」

 

「もし使えそうならぜひ使いたいです」

 

と喜んでいただけました。
最終的な不用品の総量を確認し、お見積金額を提示します。

 

量が量だけに少々高額になってしまいましたが、その場で即決。正式にご契約をいただきました。

 

 

作業内容

今回の作業は3日間を予定して取り掛かります。
そのうち2日はお手伝いしていただけるとのことでした。
お話によると、

 

「このような状況になったのはすべて私の責任ですので、けじめを付けるためにもぜひ手伝いたいです」

 

「というより、居ても立ってもいられないので手伝わせてください」

 

と大変素晴らしい意気込みでお手伝いいただけました。
このような気持ちでお手伝いいただけた方はリバウンドすることはありません。

 

今現在、ゴミ屋敷状態でお悩みの方は、ぜひ私どもといっしょに作業をし、きれいになっていく過程を経験することをおすすめします。

 

作業の話に戻しますが、まずは胸の高さまでゴミが堆積している2部屋を片付けていきます。
服や生活用品などのゴミの他に、大量の新聞紙がでてきました。

 

これらをまとめ上げ、ひたすら搬出していきます。
最終的には新聞紙だけで1.5tを超える量を処分しました。
これは過去最高の量です。

 

玄関周りや部屋が広くなるに連れ、F・Yさまにも笑顔が戻ってきます。

 

次はリビングです。
ここはコンビニ弁当のカスや、大量のペットボトルが放置されていました。

 

これらを餌にするチャバネゴキブリもたくさんいます。
クロゴキブリじゃなくて本当によかったです。
クロゴキブリは今でもゾクリとします。

 

さらにコバエ、チャバネゴキブリを餌にする蜘蛛まで生息しており、殺虫剤を使用しながらひたすら不用品を撤去していきました。

 

共同で作業する中、このような部屋になるまでの経緯を聞くことができました。

 

「両親が亡くなったことが一番のきっかけですが、仕事が忙しすぎるのも原因だと思っています。とにかく忙しくて帰ってきても何もする気が起きないのです」

 

「病気だと言われるのが嫌で病院には行っていませんが、多分なんらかの病気だと思います」

 

「私には兄がいるのですが、この6年間兄をこの部屋に上がらせたことがありません」

 

「最初は『なぜ?』と聞かれていましたが、察してくれたようでこの数年は何も言われなくなりました」

 

「今回依頼するまでにとても悩みました。何日も眠れず、気持ちの浮き沈みが激しいです」

 

F・Yさまも悩んでおられるようです。
その反動か、F・Yさまは一切休憩を取らずにひたすら片付けを手伝ってくださいました。

 

2日間一生懸命手伝ってくださり、殆どの不用品を撤去することができました。
最終日は細かな撤去とクリーニングです。

 

この最終日に珍しいものを発見しました。
それは10年前のパンです。

 

しかもこのパン、水分はすべてなくなりかちかちになっていますが、いっさい腐敗していません。実際の写真をご覧ください。

 

ゴミ屋敷片付け10年前のパン

ゴミ屋敷片付け10年前のパン

 

どれだけ防腐剤が使われているんだと少々恐ろしくなりました。

 

話がそれてしまいましたが、あとは水回りを中心にピカピカになるまでお掃除します。
床にもワックスをかけ、見違えるようにきれいになりました。

 

最終的な確認をF・Yさまにしてもらいます。
あまりの変貌ぶりに大変喜んでくださり、ずっと笑顔でお礼をいただけました。

 

弊社ではなんでも処分するのではなく、使えるものはきれいにして使っていただくようアドバイスしています。
購入費用を節約できるだけでなく、処分料も節約できるからです。

 

弊社では片付けが苦手でお悩みの方に片付けサービスを行っています。
依頼主様がもっともお得に弊社のサービスを利用できるよう誠実にご提案いたしますのでぜひご相談ください。

 

→ 【画像あり】実際にあった驚きの事例を見てみる 福岡の事例パート1 福岡の事例パート2

 

トップページへ


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ