【ゴミ屋敷清掃】福岡市早良区西新、転勤間際の大掃除

【ゴミ屋敷清掃】福岡市早良区、転勤間際の大掃除

忙しいビジネスマン

 

福岡市早良区でゴミ屋敷片付け・汚部屋清掃を行っている業者「アークサービス」です。

 

引っ越しが差し迫って「すぐにでもお願いしたい」というご依頼は、毎月月末の恒例行事になっています。今回もそんな依頼主様からのご依頼でした。

 

ご相談内容

M・D様には、お電話でお問い合わせいただきました。その電話口で、「部屋をゴミ屋敷状態にしてしまい、とても困っています」とのご相談がありました。その声はとても暗く、申し訳なさそうだったことが印象的でした。

 

詳しいお話を聞いてみると、次のような内容を話してくださいました。

 

  • 転勤で福岡に来たが、今回また転勤することになった
  • 転勤のための引越しが2日後に迫っている
  • 部屋にゴミを溜め込んでしまって、このままでは引越しできない
  • できることなら今日中に部屋を片付けてほしい

 

このような内容のご相談でした。今回のご相談は緊急を要します。2日後が引越しということは、作業できるのは今日か明日のみです。ただし、引越し準備まで含めると、本日中に片付けてしまうのがベストであると判断しました。

 

さっそく現場確認へ向かうのですが、即日作業に入ることになる可能性があるため、車両とスタッフには余裕を持って伺うことになりました。

 

お見積り

お約束の時間に、M・D様の部屋に伺います。さっそく部屋を確認させていただくと、2DKの部屋は、雑誌や服、さまざまなゴミで埋まっており、全く床が見えない状態でした。

 

堆積したゴミの量は、人間の胸辺りまであり、生活空間はどこにもありません。とてもではありませんが、2日後に引越しを控えている部屋には見えませんでした。

 

M・D様は、汚してしまった部屋に対する罪悪感と、差し迫った引越し期限のため、表情はとても硬く緊張されているように見えました。

 

M・D様は、ここまでゴミをためることになってしまった経緯を、次のように話してくださいました。

 

「5年前に静岡から転勤のため引っ越してきたのですが、福岡に住み始めて一度も片付けをしたことがありません」

 

「転勤が多く、さまざまな地域で暮らしてきましたが、地域ごとの分別を覚えることができませんでした」

 

「若い頃から片付けが苦手で、いざ片付けようと思っても全く手が動きません」

 

このような悩みを打ち明けてくださいました。これまでの依頼主様からも、「昔から片付けが苦手だった」という言葉はよく聞きます。また、自分では「何とかしないといけない」という意識はあっても、「実際には行動することができない」といった方も多いです。

 

部屋全体の確認を終え、正規の料金と作業内容。そして、相応の時間がかかることをお伝えしました。M・D様は、「それでできるのであればお願いします」と、料金と作業内容にご納得いただき、正式にご契約となりました。

 

作業内容

引越しの日はすでに決まっているため、お見積り後、即作業に入ります。しかし、M・D様のお話によると「ゴミの中に必要な物が紛れ込んでいる状態」ということで、弊社では要・不要の判断がつきません。そこで、M・D様に立会いをお願いし、要・不要の判断をしていただくことになりました。

 

まずは通路を確保するため、玄関のゴミを集中的に片付けていきます。弊社スタッフが、M・D様に確認を取りながら次々とビニール袋へゴミを詰め込んでいきます。

 

特に雑誌が多く、最終的には1000冊近くあったと思われます。また、仕事用のワイシャツも次々と出てきました。ワイシャツは200枚以上あったと思われます。

 

一緒に作業をしていただいているM・D様は、「すぐにゴミの中に紛れ込んでしまい、必要なときに(ワイシャツが)ないことが多いです」と、少し恥かしそうに話されていました。

 

さらに、「ワイシャツを必要なときに探し出せない」、「見つかったときであっても、ワイシャツがシワだらけで着るに着られない」ということが、頻繁にあったことも同時に話してくださいました。そのようなときは、仕方がないので、新しい物を購入してその場で凌いでこられたそうです。

 

その他、「爪切り」が合計8本発見できました。通常、爪切りというのは、同じものを10年以上使うことも珍しくありません。実際、私の実家には、10年以上使用している現役の爪切りがあります。その爪切りを、福岡に来た5年の間に8本購入したというのは、とても珍しいことだと思います。

 

このように同じ物を何度も購入してしまうのには理由があります。それは、購入したとしてもすぐに無くしてしまうからです。実際に無くなっているわけではありませんが、散らかった部屋に放置してしまうと、どこにいったのかわからなくなるケースがとても多いです。

 

これは、ゴミ部屋に限ったことではありません。モノが多すぎるご家庭にも同じことが言えます。

 

必要な物が見つからなければ、再度購入するしかありません。そして、再度購入したことによってさらに物が増える、その結果としてさらに部屋が散らかる、という悪循環に陥ってしまいます。

 

現在、片付けが苦手な方は、「片付けが苦手である」というだけで、金銭的に「損をしている」ということを自覚しなければなりません。このことを認識した上で、意識を変えていくことが大切です。

 

作業の方は、M・D様に確認を取りつつ順調に進んでいきます。ただ、2DKの部屋に、胸の高さまで堆積しているゴミを処分するのは、簡単なことではありません。

 

今回は時間が限られているため、ほとんど休憩を挟まずに作業を行っています。そのため、M・D様はお疲れの様子です。ほとんどの方は、「大量のゴミを片付ける」という作業をしたことがありません。そのため、共同で作業をしてくださる依頼主様はとても大変です。

 

ただ、この大変な作業を共にすることで、「二度とゴミを溜め込まない」という意識が生まれることがあります。これから部屋の片付けをしようと考えている方は、このことを覚えておいていただくと良いかもしれません。

 

作業は、夜の11時までかかりました。お昼前から作業を開始したので、ほぼ12時間の作業です。M・D様もスタッフもへとへとです。しかし、その甲斐あって、なんとか本日中に片付けることができました。

 

初めのうちは、不安のため顔をこわばらせていたM・D様も、やっと笑顔が出るようになられました。このようなホッとした依頼主様の顔を見ることができると、弊社としても大変うれしく思います。

 

最後に、部屋の掃除を行います。今回の現場は、築年数の浅い新しいマンションで、部屋自体はとてもきれいです。片付け後は、簡単な掃除で十分にきれいにすることができました。

 

現場を離れる直前に、M・D様から「本当に助かりました。本当にありがとうございます」と、何度も丁寧なお礼をいただき、今回の作業は全て終了です。

 

弊社では、片付けが苦手な方を対象に「片付けサービス」を提供しています。現在の部屋の状況に不満がある方や、早急に部屋を片付けなければならないときには、弊社アークサービスまでお気軽にご相談ください。

 

→ 【画像あり】実際にあった驚きの事例を見てみる 福岡の事例パート1 福岡の事例パート2

 

トップページへ


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ