【ゴミ屋敷片付け】北九州市門司区で大量の遺品整理

【ゴミ屋敷片付け】北九州市門司区で大量の遺品整理

遺品整理で大木オブジェを切断

 

北九州市門司区でゴミ屋敷片付け・汚部屋清掃を行っている業者「アークサービス」です。今回は、福岡県北九州市門司区大里東にお住まいの40代男性、E・Y様より遺品整理のご依頼をいただいたときの事例を紹介します。

 

ご相談内容

E・Y様は、以前弊社にご依頼をいただいたお客様からの紹介でお問い合わせをいただいたそうです。ご相談内容は次のような内容でした。

 

「少し前に母が亡くなり、家を継ぐために神奈川県から福岡に引っ越してきました」

 

「ただ、私の家族で暮らすには不釣合いに大きな家で、必要以上にモノがあるのです」

 

「両親の遺品をそのままにしていたので、この引越しを機に家を整理しようと思います」

 

このようなご相談内容でした。E・Y様は、他にも「遺品をどう処理してよいのかわからない」、「自分で遺品生理をやろうと思ったが断念した」とも話してくださいました。

 

そこで、まずはお見積りに伺うことになりました。

 

お見積り

門司区の現場に着くと、現場は高い塀に囲まれた立派な日本家屋でした。庭も手入れされており、とてもきれいです。

 

外で作業をされていたE・Y様ご挨拶をし、家の中へ案内されました。玄関を開けてすぐのところに、大きな流木のオブジェが飾ってあります。

 

また、高価そうなツボや置物が並んでいます。私が「素晴らしいお宅ですね」と感想をお伝えすると、E・Y様は「正直なところ、もてあましています」と、少し困った顔で答えられました

 

財産を継いだとしても、その財産が負担になることは珍しくありません。例えば、家屋、土地、仏壇などです。

 

各部屋を案内されましたが、現場にある家具のほとんどは両親の遺品とのことでした。そして、その全ては不要であると話してくださいました。

 

部屋の確認が終わると、E・Y様は「実は車庫にも(遺品が)あるのです」と、車庫へと案内されました。案内された車庫は、一軒家と見間違えるほど立派な車庫でした。

 

車庫のシャッターを開けてみると、そこには大量の家具が保管してありました。家具のほかにも、さまざまな置物や飾りなどが保管してあります。

 

E・Y様は、「ここにあるモノは、私が苦労して家の中から出したものです。自分で処分しようと思ったのですが、ここで力尽きてしまいました」と話してくださいました。

 

大量の家具を前に、私は「お一人で出されたのですか」とお尋ねしました。すると、「はい、かなり時間がかかりました」と苦笑いされていました。

 

私は素直に感心しました。車庫の中には、一人では抱えきれない大きな家具もあり、これを一人で運び出すにはかなり苦労されたことが伺えます。

 

さらに、「タンスの中に入っていた服が多すぎて、どうしていいのかわからなくなりました」と笑っておられました。

 

E・Y様のご希望は、次のようなものでした。

 

  • 家と車庫にある遺品を処分したい
  • どのような遺品があるのか把握していないため、一緒に整理をしたい
  • 玄関の流木も処分したい

 

このような内容でした。E・Y様のご希望から、正規のお見積りを算出しました。お見積りの金額を確認していただくと、E・Y様は悩まれました。なぜなら、遺品の量が莫大なため、お見積り金額が少々高額になってしまったからです。

 

当たり前のことですが、遺品整理は遺品の量によって金額が変動します。弊社の料金は特別安くもなければ高くもない料金設定です。ただ、あくまでも必要な料金をいただいく形で提案させていただいております。業者の中には、普通では考えられない金額を請求する業者もありますが、弊社ではそのようなことは一切ありません。

 

しかし今回は、それでもE・Y様の予算を超えていたようです。E・Y様は「少し考えさせてもらっていいですか?」 とおっしゃられました。

 

弊社では、このようにお悩みのときは、契約を急がせることはありません。じっくりと考えていただき、ご納得いただいた上でご契約をいただきたいからです。このとき、「わかりました。じっくりと考えてください」とお伝えし、いったん帰ることにしました。

 

それから2日後、E・Y様からご連絡をいただきました。その内容は次の通りです。

 

「先日はお見積りに来ていただいてありがとうございました。やっぱりお願いしたいと思います」

 

「ただ、全て処分するにはお金に余裕がないので、車庫の中だけをお願いするといった形でも良いですか?」

 

「それと、玄関の流木も何とかしていただきたいです」

 

このようなご連絡をいただきました。もちろん、お客さんの都合が最優先であり、弊社としてはお客様が望むとおりのサービスを提供させていただきます。

 

改めて、車庫内の整理と流木の処分のお見積りを出し、正式にご契約をいただくことができました。

 

作業内容

お約束の日に、福岡県北九州市門司区大里東にあるE・Y様のお宅へ向かいます。E・Y様にご挨拶をし、まずは流木の処分に取り掛かります。

 

この流木のオブジェというのが、大きさが高さ2m×幅2m×奥行き1m、重量がおよそ300kgある大物です。この重量になると、簡単に移動させることができません。

 

そこで今回は、安全を考慮して玄関で解体をし、運び出すことにしました。そのため、解体用のチェーンソーとのこぎりを持参しての作業です。

 

E・Y様に許可をいただき、木屑が飛び散ってもいいように養生を施します。養生というのは、作業時に家の壁や床に傷や汚れがつかないように、ビニールシートで保護することを指します。

 

養生を行い、巨大な流木をチェーンソーでカットしていきます。大量の木屑が飛び散る中、安全を確保しつつ作業を進めていきます。

 

流木は、カットした一部でもかなりの重量があり、安全のために2人で運び出しました。カットしたものを順次運び出し、30分ほどで玄関の流木を運び出すことができました。養生をしていても、100%汚れないわけではありません。作業後の汚れはその場で掃除をします。

 

次は、車庫にある大量の遺品整理です。遺品については、E・Y様が事前に運び出したものの処分となります。家具の中身は全て整理してあり、仕分けの必要がありません。そのため、トラックに積み込むだけなので、とてもスムーズに作業は進みました。

 

E・Y様に最終的な確認をしていただき、ご満足いただいたところで今回の作業は終了です。弊社では、お客様の要望を第一に考え、ご満足いただくためにサービスを提供しております。

 

料金や作業内容で疑問や不安がある場合は、どのような内容でも正直にお答えいたします。大量の不要品処分や、遺品整理でお困りのときは、弊社までご相談下さい。

 

→ 【画像あり】実際にあった驚きの事例を見てみる 福岡の事例パート1 福岡の事例パート2

 

トップページへ


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ