大牟田市でゴミ屋敷のお片付け(遺品整理編)

大牟田市でゴミ屋敷のお片付け(遺品整理編)

福岡県大牟田市でゴミ屋敷片付け・汚部屋清掃を行っている業者「アークサービス」です。今回ご紹介知る大牟田市の事例は、一人暮らしをしていた男性の遺品整理を親族の方からご依頼いただいた事例になります。

 

相談内容

ご相談は以下のような内容でした。

 

「大牟田市なんですが来ていただくことはできますか?」

 

「兄の部屋なのですが、本当にゴミ屋敷みたいになっていて手がつけられません」

 

「どうしたらいいでしょうか…」

 

ご家族様からのご依頼は珍しくありません。今回は何らかの事情により、お兄様の部屋を片付けなくてはならなくなった弟様からのご相談でした。

 

手がつけられないとのことですので、そこそこの量だと思われます。まずは部屋の状況を把握するために、大牟田市までお伺いすることになりました。

 

 

お見積り

現場は古びたアパート。

 

約束の時間に到着すると、駐車場にはすでに弟様が待機しておられました。ご挨拶をし、「けっこうひどいので驚かれないでください」と部屋へ案内してもらいました。

 

入り口は床は見えているものの、食料品や飲料水のゴミが散乱しています。ゴミ屋敷特有の匂いも健在です。奥の部屋へいきますと、くるぶしから膝丈辺りまでゴミが堆積していました。

 

画像

 

弟様は、「9日以内退去しないといけません。いけそうですか?」と心配されている様子。たしかにゴミは多いですが、1日で回収、クリーニングまで可能です。そうお伝えすると安堵されたのか「じゃあお願いします」おっしゃっていただけました。

 

料金にも納得いただいたようで、さっそく次の日に作業です。

 

 

作業内容

今回は弟様と共同で作業を行います。作業中、お兄様の部屋の片付けをしないといけなくなった経緯を話していただけました。

 

「この部屋は兄の部屋だったとお話したと思いますが、兄は仕事中に脳溢血で亡くなりました」

 

「突然のことでしたので驚きましたが、この部屋を見てもっと驚いてしまいました」

 

「兄のところなんか用事でもなければいきませんよね。実家では会うことはあるのですが、兄の部屋なんか来たことがなかったので、どんな生活していたのかと思うときついですね。全然知らなかったです」

 

とのこと。ここではじめてこのゴミ屋敷清掃は遺品整理も兼ねて行っていることを知りました。遺品整理では貴重品の捜索とともに、思い出の品などの捜索も行います。

 

しかし、今回の現場では貴重品はおろか、弟様が保管しておいてほしいと思える品は何一つありませんでした。形見となる品は事前に保管してあるとのことで、全撤去ということになりました。

 

回収後のクリーニングまで手伝っていただけ、予定していた時間よりも早く終わることができたのでした。最後に弟様から「助かりました。ありがとうございました」と丁寧なお礼をいただき帰路についたのでした。

 

遺品整理を依頼される場合でも、ゴミ屋敷状態、物屋敷状態で依頼されることは珍しくありません。自分の手に負えない部屋の片付けであればぜひご相談ください。

 

その他にも、庭に放置している残置物の撤去も可能です。片付け不用品回収のお悩みはアークサービスにお任せください。

 

→ 【画像あり】実際にあった驚きの事例を見てみる 福岡の事例パート1 福岡の事例パート2

 

トップページへ

ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ