ゴミ部屋とカツオブシムシ:カツオブシムシの生態・対策・駆除

ゴミ部屋とカツオブシムシ:カツオブシムシの生態・対策・駆除

カツオブシムシ

カツオブシムシと聞いてもピンと来ないと思いますが、「服が虫に食われてる!」の虫は、カツオブシムシの事です。現場でカツオブシムシ自体を見ることは少ないですが、被害にあった衣類は良く見かけます。

 

ここでは、衣類などに甚大な被害をもたらす、カツオブシムシについて解説していきます。

 

カツオブシムシの生態

 

カツオブシムシ類のなかでも、人間生活圏で加害するのは、ヒメマルカツオブシムシという種になります。全国に分布し、5月〜7月に繁殖するようです。一生のほとんどを幼虫の姿ですごし、その幼虫期の間に様々なものを食害します。

 

発生原因は、外でたまたま衣類につけられた卵がタンスの中で孵ることで発生します。洗濯を干しているときに産み付けられる事もあるので、誰でも被害にあう可能性があります。風通りが悪く、暗い場所を好む習性があり、長年動かしていないタンスの中や、ベッドの下などは大好きです。

 

カツオブシムシの実害

 

幼虫期の衣類の食害が主な実害です。綿・羊毛・絹・皮革はもちろん、ペットの毛、食品の残りかすやホコリまで食べます。

 

カツオブシムシ対策

 

外で卵を産み付けられるため侵入対策はとても難しいです。繁殖を防ぐことが一番の対策です。

 

生態からもわかるように、風通りの悪い暗いところを好みます。したがって、使う予定のない衣類や布団は早めに処分し、使う予定のものはタンスから出し、定期的に虫干してあげましょう。タンスや押入れから出すことにより、空気の入れ替えにもなります。

 

また、ホコリや食品の残りかすをこまめに掃除することも大切です。年に一度でいいので、タンスやベッドの下の掃除機がけをすると効果が高いです。

 

また、衣類に寄せつけないために、「たんすにゴン」などの防虫剤を使用するといいでしょう。ちなみに、たんすにゴンはゴキブリやハエの殺虫成分と同じピレスロイド系の防虫剤になります。

 

カツオブシムシの駆除

 

見つけることができればそのままつぶして駆除します。しかし、卵を発見することはとても難しいです。

 

卵を含め一番効果的な駆除方法は、スチームアイロンを当てることです。昆虫のほとんどは45℃以上にさらされると徐々に死んでいき、65℃以上の熱で即死します。スチームアイロンは90℃を越す高温なので非常に効果が高いです。

 

しかし、お気に入りの服だけスチームアイロンで駆除しても効果はありません。やるのであれば全滅させるつもりで全ての服にスチームアイロンをかけましょう。タンスやクローゼットを片付けるいい機会になります。


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ