ゴミ屋敷、孤独死の原因となるセルフネグレストとは

ゴミ屋敷、孤独死の原因となるセルフネグレストとは

セルフネグレクト

セルフネグレストとは

 

あまり耳なじみのない言葉とは思いますが、セルフネグレクトというものがあります。セルフネグレクトは別名「自己放任」と呼ばれ、自分自身で人生を放棄している状態の方を指します。セルフネグレストには、次のような特徴があります。

 

・食事をとりたがらない
・仕事をしない
・排泄物の放置
・入浴しない
・不衛生な環境を異常と思わない
・病気や怪我の放置
・必要な支援を拒否する
・人に対して排他的になる

 

弊社をご利用いただくほとんどの依頼主様は、片付けが苦手な自分に対し「今の環境をどうにかしたい」「今の自分を変えたい」という思いで相談があります。しかし、セルフネグレクトの方は片付けに無関心のため自ら相談してくることはありません。

 

そのため、ゴミが溜まり不衛生な環境のまま生活されていることがあり、これが続くと「ゴミ屋敷」へと変貌していきます。その多くは高齢者に見られますが、最近では若い方でもうつ病などの病気と併発するケースも増えてきています。

 

セルフネグレクトになる原因

 

セルフネグレクトになる原因は、さまざまな要因が考えられています。例えば次のようなことです。

 

・愛するものを失った孤独感や喪失感
・うつ病などの病気やアルコール依存症からの併発
・生活環境や人間関係の変化
・経済的問題

 

このように、誰にでも当てはまるようなことが原因といわれています。言い換えると、セルフネグレストは誰にでもなりえる可能性があるということです。

 

セルフネグレクトの解決方法

 

身近にセルフネグレクトの特徴が見られるのであれば、説得ではなくお話を聞くことから始めるのが大切です。毎日の挨拶、声かけ、世間話などです。

 

少しづつ時間をかけて信頼関係を作っていくことで、相手から近づいてもらうようにすることが大切です。人は説得では行動することはありません。このことを理解したうえで、信頼関係を作っていくことが重要です。

 

そして、何事にも当てはまることですが、原因があるから結果があります。勝手に病気にはなりません。何らかの原因があるため自己放任にいたっているのです。

 

このことを理解し、相手の身になり考えてみてください。そして、「もし私が同じ立場だったらどのように感じるだろう」「どのような行動をするだろう」と自問自答してみてください。隠されているヒントに気づくことができるかもしれません。

 

もしかすると、誰にもわかってもらえない孤独感を感じているかもしれません。また、どうしても許せないことがあるのかもしれません。

 

そのためには、やはりお話を聞くということは大切なことだと思います。人にものを頼むときは、相手の立場に立ってみると違う考えが浮かんでくることがあります。

 

アプローチの方法がわからないのであれば、カウンセラーなどプロに相談しアドバイスをもらうことも大切です。わかっているつもりでも、知らないことはたくさんあります。適切な知識を学ぶことで解決の糸口が広がります。


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ