実家の片付けは、あなたが思う3倍の不要品が出てくる

実家の片付けは、あなたが思う3倍の不要品が出てくる

実家の片付け

 

ご自身で実家の片付けや遺品整理を行う際、失敗をしやすいポイントがあります。それは、不要品の総量の見極めができないことです。

 

一軒家の片付けともなると、その不要品の量は凄まじい量になることがあります。一例を申し上げると、一軒のお宅から、2tトラック14台分もの不要品が出ることもあるのです。

 

ここまで大量の不要品となると、はじめから業者に依頼することになると思います。しかし、一般的なご家庭の不要品であれば、自分達で片付けることが可能であると思われるかもしれません。

 

ただ、このような場合でも注意が必要です。大掛かりな片付けというのは、普段行うことはありません。そのため、一般的なご家庭であっても、不要品の総量を見極めることが難しいことがあります。

 

自分達で実家の片付けを始めたものの、途中で挫折してしまうケースはとても多いです。実際の声として「自分達で片付けていたのですが、予想以上に不要品の量が多く、我々には手におえないと判断しました」というお話は良く聞きます。

 

また、途中で挫折したあと、弊社にご依頼いただくことも多いです。その際、最終的な不要品の量を見ていただくと、皆さん一様に驚かれます。口々に「まさかこれほど(不要品が)出てくるとは思いませんでした」と言われます。

 

それでは、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

 

不要品は隠れている

 

不要品の総量を見誤る原因として、不要品が「見えていない」ことが挙げられます

 

家の片付けをしようと考えたとき、最も目に付くのは家具です。実際に、弊社にご相談いただいた方の場合、処分したい家具の総数は教えていただけます。その一方で、その中に入っているものの量を把握している方は少ないです。

 

例えば、食器棚を処分する際でも、食器棚の中を確認していないことがあります。そのため、いざ片付けようと思っても、予想以上に出てくる大量の食器を前に挫折することもあります。

 

同様に、タンスの中や納戸の中を完璧に把握している方はほとんどいません。これらのものは、長年その場所にあることが当たり前すぎて、忘れてしまいがちです。実際にお見積りに行ったときでも、「奥に何があるかわかりません」という言葉は良く聞きます。

 

さらに、片付けを行っていると、もともと残すつもりであったものでも、「この際処分してしまおう」と、心境に変化が起こることが多いです。

 

これらのことが重なり、予想以上に不要品が出てきます。そして、この予想と現実とのギャップが大きいほど挫折してしまいます。それでは、挫折することなく実家の片付けをするにはどのようにしたら良いでしょうか。

 

準備することの重要性

 

途中で挫折することなく大量の不要品を片付けるには、「準備」が重要になってきます。なんとなく始めてしまっては、最後までやり遂げることは難しいです。

 

1、心の準備

 

まずは、大量の不要品を処分するには、とても時間がかかることを覚悟してください。特に、現在実家から離れて暮らしている方は、休日を利用して片付けを行うしかありません。

 

しかし、毎週の休日を実家の片付けに当てることは、実際のところ難しいことが多いようです。例えば、仕事の疲れから先延ばしになるケースや、実家が遠方のために何度も行き来することが難しいといった、現実的な問題も出てきます。

 

その他、実際に片付けを始めてみると、仕分け作業や処分作業で、思いのほか時間がかかります。当然、相応に大変な作業になるので、体力面でも心の準備をしておく必要があります。

 

2、処分するための準備

 

ご自身で大量の不要品を片付けるには、一緒に片付けを手伝ってくれる人を探すことをオススメします。なぜなら、一人で行う片付け作業ほど挫折しやすいことはないからです。

 

大量の不要品を処分するには、たくさんの時間がかかることはお話しました。これを、延々と一人で行ってしまうと、確実にモチベーションが続きません。

 

第3者に手伝ってもらうのは、重量物の運び出しを行うためという目的もあります。しかし、最大の目的は「雑談」をしながら作業を行っていただきたいのです。

 

我々のように慣れたものでも、長時間一切しゃべることなく行う作業は気が滅入ります。そこで、気心の知れた仲間と、雑談や愚痴を交えながら片付けをすることが、長時間整理作業を行う上でとても重要になってきます。

 

家族に手伝ってもらうのはもちろんですが、それが不可能な場合は、友人や知人にお願いしてみると良いです。

 

このように、ワイワイと楽しみながらやることが、実家の片付けのコツです。もちろん、一人で片付けを行っても良いですが、上で述べたようなことがあることを覚えておいてください。

 

そして、どうしても挫折しそうであれば、弊社のようなプロに頼むこともできます。この場合、料金はかかってしまいますが、料金以上にご満足いただける実家の片付けが可能です。

 

【画像あり】実際にあった実家の片付け・ゴミ屋敷清掃の事例を見てみる


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ