実家の物置と倉庫を片付け不要品を処分するコツ

実家の物置と倉庫を片付け不要品を処分するコツ

倉庫の片付け

 

弊社アークサービスは、部屋片付けと遺品整理を専門で行っている業者です。ただ、部屋に限らず、庭の車庫や倉庫の片付けもご依頼を受けることがあります。

 

その中で特に多いのが、遺品整理の現場です。

 

物置や倉庫は、普段使わないものを保管している家庭が一般的です。そのため、使わないものが溢れており、何をどこにしまっているのかわからない方が多いです。さらに、何年も放置されている場合があり、大量のホコリにまみれていることも少なくありません。

 

また、家庭菜園や庭のメンテナンスのための重たい道具が置いていることがあり、女性や高齢者の方では片付けが難しいケースもあります。このような現実から、遺品整理の際に、同時に倉庫の片付けをお願いされることがあります。

 

物置や倉庫の片付けは、普段利用しない者からすると難しい場合があります。そこで、ここでは普段は気にしない、実家の物置や倉庫を片付けるコツを紹介していきます。

 

全て出す

先述の通り、モノが詰め込まれた倉庫では、何がどこにあるのかわからないケースが多いです。これを一つ一つ確認しながら片付けていては、全く片付けが進みません。

 

そこで、まずは倉庫の中のモノをすべて出すようにしてください。そうすることで、倉庫の中身を把握することができます。小さな物置でも、実際に出してまとめてみると、かなりの量になることがあります。

 

弊社が倉庫の片付けを依頼された場合も、まずは倉庫の中を全て出し、そこから必要なものと不要なものに仕分けするようにしています。

 

このとき、かなり汚れることを覚悟しておいたほうが良いです。特に家庭菜園をされていた親御さんであれば、土や農薬を保管している可能性が高いです。そのため、汚れても良い服装をすることをお勧めします。

 

農薬の取り扱いについて

倉庫や物置を片付けていると、処分に困るものが出てくるものがあります。その中で最も多く質問を受けるのが、「農薬」です。

 

農薬は、取り扱いの知識がある方にとっては簡単でも、知らない人間からすると取り扱いが難しいです。

 

依頼主様の中には、「自分は家庭菜園をしないが、親が趣味でやっていた」と話くださる方がいます。そのため、家庭菜園に関する道具の使い方や処分方法を知らない方は多いです。

 

農薬には、「毒物」、「劇物」、「普通物」と分類があり、家庭菜園用の農薬は普通物に当たります。ただ、普通物と聞くと毒性がないように聞こえますが、農薬は全て毒性があります。

 

農薬は基本的に自治体では引き取ってもらうことができません。したがって、ご自身で処分をしなければなりません。そこで、農薬の処分をする際には、販売元のメーカーに問い合わせてください。丁寧に処分の仕方を教えてもらうことができます。

 

一般的には、少量であれば使い切るか、土を掘ってそこに流すように指示されることが多いです。ただ、自治体によってはメーカーに回収させているケースもあるので、必ず問い合わせるようにしましょう。

 

重量物の処分

 

物置や倉庫には、壊れてしまったエアコンの室外機や、使っていない家電などを保管している方がとても多いです。「いつか片付けよう」と保管しているのですが、結局何年も放置されています。

 

少量であれば自力で処分することも可能です。ただ、重量物が大量にある場合はプロに任せて一気に終わらせたほうが良いです。そうしないと、つい先延ばしにしてしまい、いつまでも倉庫に保管してしまうことになります。

 

このようなご家庭は意外と多く、生前整理や遺品整理などのきっかけがないと片付けをされないことがあります。このようなことから、大量の不要品が出てしまい自分達では処分することが難しくなります。

 

物置や倉庫内の不要品が多い場合は、早めの処分を心がけるか、プロに頼んで一気に処分してしまうことをお勧めします。

 

物置の解体

遺品整理の現場では、「物置自体を使わないから処分してほしい」とお願いされることがあります。このとき、物置が古く半壊しているか、錆びだらけで解体が難しくなっているケースがあります。

 

物置の解体は、正直なところプロに任せたほうが良いです。なぜなら、素人の方が解体を行うのは難易度が高く、さらに重量があるため危険だからです。

 

比較的新しい物置であれば、素人の方でも解体することは可能です。ただ、古い物置のほとんどは、止め具が錆ており難易度が急激に上がります。

 

こうなると、サンダー(鉄を切断する道具)などで切って解体しなければならないケースが出てきます。このようなことからも、プロに頼んで解体してもらう選択をしたほうが良いでしょう。

 

遺品整理を行うとき、物置や倉庫は忘れがちです。後から気づいて整理を行うと、思ったより不要品が大量に出てくることがあります。

 

そのようなときは、まずは全てを出し仕分けを行ってください。重量物やどう処分してよいのかわからないものは、友人に協力してもらうかプロに任せたほうが懸命です。

 

【画像あり】実際にあった実家の片付け・ゴミ屋敷清掃の事例を見てみる


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ