処分できない実家の荷物をトランクルーム(レンタル収納スペース)に預けるのは有効か

処分できない実家の荷物をトランクルーム(レンタル収納スペース)に預けるのは有効か

トランクルーム

 

以前、次のようなご相談をいただいたことがあります。

 

「実家を片付けたいのですが、捨てるものがない場合はどうしたらよいでしょうか」

 

このような内容でした。お話を詳しく聞いてみると、「今後使うことはないが思い出がある家具や先祖代々の品が多いため、どうしても捨てることができない」とのことでした。このとき、「トランクルームを利用することも考えている」と話されていました。

 

自宅のスペースに余裕がない場合、トランクルームはとても便利です。季節はずれの服の保管や、雛人形などのかさばるが年に一度しか使わないものの保管にはとても適しているといえます。

 

しかし、この方のように今後使うことのない品々を、トランクルームのようなレンタルスペースに預けることは果たして有効な手段でしょうか。

 

トランクルームを借りるのは有効か

 

上記のように、どうしても処分できない遺品や荷物などをトランクルームに保管しようかと悩む方がいます。結論から申し上げると、トランクルームを借りることは有効ではありません。その理由を以下に述べていきます。

 

トランクルームは上記で示したとおり使い方によっては非常に有効なスペースです。しかし、前提として「今後使うもの」を保管する場合に限ります。

 

その理由は、今後使うことのない思い出の家具や、なんとなく処分するのがためらわれる品を保管してしまっては、間違いなく「開かずの間」になってしまうからです。

 

人間の心理として、とりあえず保管することで安心しますが、安心して終わりになってしまいます。これはただのごまかしであり、一時しのぎに過ぎません。

 

また、月々のレンタル料金も馬鹿にはなりません。「いつまでに処分する」という明確な期限がないため、半永久的にレンタルしなくてはいけなくなる可能性もあるのです。

 

それでは、このような今後使わない品々はどのような方法で片付けると良いでしょうか。

 

気持ちの整理をつける

 

答えを先に言ってしまいますが、「けじめ」をつけるしかありません。今後使うことがないのであれば、これまでお世話になった品々に対し、感謝の気持ちで処分してあげるのです。

 

これができないのであれば、自宅にしろトランクルームにしろ、使わないものであふれかえってしまいます。すべてを残すことは物理的に不可能であることを認識しなければいけないのです。

 

ただ、気持ちの整理がなかなかつかないという現実もあります。上記で述べたことを頭では理解していても、心で納得できない場合もあります。

 

そのようなときは、悩んでいる品々を一つずつ手に取り、本当に必要かどうか確認してみて下さい。大変な作業ではありますが、一つずつ確認することで、気持ちの整理がつくことがあります。

 

実際に弊社と共同で片付けを行った依頼主様は、作業を始めたときは処分する決断ができない方が多いですが、本当に必要かどうかを再確認することで気持ちの整理がつき処分することができるようになります。

 

冒頭で紹介した方も、一つずつ思い出の品と向き合うことで、およそ8割の使わない品を処分することができました。このような事例は本当にたくさんあります。

 

これまで述べてきたように、今後使わないものをトランクルームに保管することは有効な手段とはいえません。それよりも、思い出の品や遺品と向き合うことで不要なものは処分することが大切です。

 

【画像あり】実際にあった実家の片付け・ゴミ屋敷清掃の事例を見てみる


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ