「整理」「整頓」「片付け」「掃除」の意味を理解し、片付けの基本を学ぶ

「整理」「整頓」「片付け」「掃除」の意味を理解し、片付けの基本を学ぶ

整理整頓

 

片付けが苦手な方は多いです。数多くのご相談をいただく中で、「そもそも片付けの手順がわからない」といった悩みをお聞きすることがあります。

 

片付けの手順を学ぶためには、整理とは何を指すものなのか。また、片付けとは何を意味するものなのかを理解しておかなければいけません。

 

整理、整頓、片付け、掃除、それぞれの意味

 

整理、整頓、片付け、掃除は一見同じ意味にとれそうですが、その内容はまったく違います。以下に一つずつ述べます。

 

整理とは、要・不要を判断し、不要なものを取り除くこと

 

整頓とは、使いやすい仕組みを作ること

 

片付けとは、元の位置に戻すこと

 

掃除とは、見た目をきれいにすること

 

このように意味が異なります。それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

整理とは

 

整理とは、必要なものと不要なものを分別し、不要なものを取り除くことです。言い換えると、必要なものを残す作業になります。最初にこの整理をしておかないと、不要なものにまで労力をかけることになってしまい普段の片付けが大幅に難しくなります。

 

例えば、タンスの中の服を整理しておかなければ、不要な服にスペースをとられ本来入れるべき服が入りません。また、取り出すときも、タンスの中が窮屈なためスムーズに取り出すことができません。

 

これをはじめに整理を行い不要なものを取り除いておけば、有効なスペースができるためスムーズに出し入れができます。

 

また、整理は一度行えば終わりというものではありません。人生の節目で見直す必要があります。例えば、結婚でライフスタイルががらりと変わった場合などが考えられます。

 

結婚をして共に生活をする人が増えると、これまでと同じような生活はできません。今まで必要だったものが不要になったり、不要だったものが必要になったりします。

 

整理をする一例として、一人暮らし、結婚、出産、子離れ、定年退職などが考えられます。このような節目で現在のライフスタイルを見直し、整理をすることが大切です。

 

さらに言えば、人生の節目だけではなく、「年末に整理する」、「誕生日に整理する」など、定期的な整理を行い必要なものだけを残すようにします。

 

整頓とは

 

整頓とは、使いやすい仕組みを作ることです。

 

使いやすい仕組みというのは、道具を使う際に取り出しやすく、しまいやすい「配置」を考えることです。そのためには、できるだけシンプルな仕組みを作る必要があります。

 

シンプルな仕組みとは「使う場所に配置する」ことです。

 

例えば、普段あなたはどこで本を読むでしょうか。本を読むとき、わざわざ別の部屋から本を持ってきているようであれば、取り出しやすくしまいやすいとはいえません。

 

このとき一番使いやすいのは、手が届く範囲に本棚があることです。このような配置にすることで、本を読んだあと床に本を置くことがなくなります。

 

料理関係のものはキッチンへ配置する、仕事関係のものはデスク周りに置くなど、動きを最小限にすることが使いやすい仕組みづくりへの第一歩です。

 

片付けとは

 

片付けとは、「元あった場所に戻す」ことです。したがって、モノの定位置を決めておかなければなりません。片付けが苦手な方の多くは、モノの定位置が決まっていないことが多いです。

 

例えば、実際の現場でよく目にする光景があります。それは、フライパンや調味料などのキッチン道具が、いたるところに転がっている光景です。

 

所定の位置が決まっていないため、使い終わった場所に放置しているのです。同様に、服なども脱いだところに放置していることが多いです。この積み重ねが散らかった部屋を作ります。

 

逆に言えば、定位置さえ決めてしまえば片付けは簡単です。「使ったあとはここにしまう」、「脱いだ服はこの場所にしまう」などのルールに従うだけで散らかりません。

 

掃除とは

 

掃除とは、汚れや乱れを整え見た目をきれいにすることです。どれほど散らかった部屋でも、掃除道具はばっちり置いているお宅は多いです。しかし、片づけができていないと掃除をすることはできません。

 

そのため、散らかった部屋で生活している方は、掃除ではなく整理から始める必要があるのです。掃除とは、日々のメンテナンスと考えると良いです。

 

整理で定期的にモノの量を整え、整頓で必要なものを配置し、片付けで使ったものをしまいます。最後に日々の掃除を行い部屋を整えていくのです。

 

片付けが苦手な方は多いです。しかし、整理や片付けの意味を一つずつ理解すると、決して難しいことではないことがわかります。それぞれの意味を理解し、順序良く片付けをするだけで快適な部屋を手に入れることができます。

 

【画像あり】実際にあった驚きの事例を見てみる


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ