片付けの現場で必ず出てくるテレビの処分方法

片付けの現場で必ず出てくるテレビの処分方法

テレビの処分

 

テレビがない家庭は少ないと思いますが、意外と多いのが不要なテレビを放置してる家庭です。

 

2001年4月家電リサイクル法が施行され、家電であるテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目はには、家電リサイクル法に則り[洗濯機2400円、テレビ2700円、エアコン3500円、冷蔵庫4600円]のリサイクル料金と集荷運搬費用が必要なっています。

 

したがって処分するだけでも高い費用がかかる上、運搬料金なども含めるとさらに高額になります。

 

環境省のテレビ処分

(出典:環境省ホームページ)

 

このような背景から置いておくスペースがある家庭では、わざわざお金を出してまで処分することはないといった意見を聞くことがあります。

 

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは家電4品目と呼ばれ、鉄、アルミ、ガラスなどの有用な資源が多く含まれるためリサイクルが前提とされた品目です。家電4品目は全てリサイクル対象になっているのでゴミとして出すことができません。

 

ゴミとして出すことができないテレビはどのように処分すればよいのか見ていきましょう。

 

自治体では一切回収していない

 

上記のとおり、テレビはゴミではないため自治体による回収は一切されていません。当然清掃工場へ自己搬入しても引き取ってもらえませんので注意が必要です。

 

買い替える時が最も簡単

 

テレビの購入を考えているのであれば、購入する家電店で引き取ってもらうことができます。リサイクルに必要なリサイクル券もその場で発行してもらえるので、古いテレビを処分するには一番簡単な方法です。

 

指定業者に依頼する

 

テレビを購入した販売店がまだあるのであれば、購入したところに問い合わせをすると回収に来てくれます。どこで買ったかわからないテレビや買い替えの予定もない場合は、自治体指定の業者が回収してくれます。どこに頼んでいいのかわからない場合は行政の生活環境化に問い合わせると教えてくれます。

 

指定業者に引き取りにきてもらう

 

指定の回収業者に引き取りにきてもらうと必要なリサイクル料のほかに配送料金がかかります。配送料金はまちまちなので問い合わせの際確認しておきましょう。

 

自分で指定業者に持ち込む

 

ご自身で指定業者に持ち込むことも可能です。リサイクル料金は必ずかかりますが、配送料金まで払うのはもったいない場合、自分で指定業者に持ち込めば回収料金を浮かせることができます。

 

テレビを処分するにはリサイクル券が必要になります。自分で持ち込む場合は事前にリサイクル券を用意する必要が出てきます。リサイクル券は郵便局で購入できますが、テレビのサイズによりリサイクル料金は異なります。

 

リサイクル料金がわからない場合は、事前に指定業者などに問い合わせをしてから購入するようにしましょう。

 

中古として売却する

 

テレビは中古市場でも活発に取引されています。テレビを処分するにはおよそ4000円程度かかるので売れるものは積極的に売ることを考えたほうがいいです。売却方法ですが、リサイクルショップとネットオークションを利用するのが一般的です。

 

テレビを高く売るコツ

 

売るからには少しでも高く買い取ってもらいたいものです。ここではテレビを高く買い取ってもらえるコツを紹介していきます。

 

早く売る

 

テレビなどのデジタル家電は次々と新機種が発売され、買取価格の変動が大きいです。特に「そのメーカー、そのシリーズ、そのサイズの後継機種」が発売されると、いわゆる型落ちとなり市場価格が下がってしまいます。

 

買い替えや不要なテレビは早めに決断し売却しましょう。

 

動作確認

 

正常に動くか確認してください。電源は入るか、チャンネルは切り替わるか、液晶ムラがないかなど基本動作でかまいません。基本動作しない場合ジャンク品扱いとなり、買取査定が大幅に下がります。

 

付属品を確認する

 

リモコン、ケーブル、説明書、保証書、箱など付属品は査定に大きく関わります。付属品だけ残っていてもゴミになりますのであるものは全てつけて査定してもらってください。

 

付属品の注意点として、「B-CAS」カードがあります。地デジを見るための「B-CAS」カードは譲渡以外は売買が禁止されています。したがって「B-CAS」カードを付属しないと買取をしない業者は違法業者と考えていいでしょう。

 

B-CASカードはB-CAS社がお客様にお貸ししているもので、所有権はB-CAS社にあります。受信機器を廃棄する場合は、カスタマーセンターにご連絡いただきカードをB-CAS社に返却していただくか、またはお客様ご自身で破棄してください。(出典:B-CAS(ビーキャス))

 

テレビを売る場合は「B-CAS」カードは必ず抜き取って売却してください。ただし、事前にB-CASのカスタマーセンターへ「使用者変更の手続き」をとることで、B-CASカードを付けたまま売ることが可能です。

 

きれいに掃除をしておく

 

きれいなものほど美品として査定されます。特にネットオークションを利用して売却する場合は掃除は重要です。


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ