一人では持ち運びが難しいタンスの処分方法

一人では持ち運びが難しいタンスの処分方法

タンス処分

 

引越し時に不要品を処分する方は多いです。その中で、タンスを処分したくても一人では持ち運べないため、弊社にご依頼をいただくことがあります。

 

タンスは重量の問題もありますが、その大きさから一人では抱えることができないことがあります。特に、一人暮らしの方は、手伝ってもらうことができないケースが多いので、処分の際にお困りの方が多いようです。

 

また、最近ではウォークインクローゼットが標準装備されている部屋があるため、タンスの必要性を感じない方が古いタンスを処分するケースも増えてきています。

 

ここでは、効率よくタンスを処分するための方法を解説していきます。

 

自分で処分する

 

タンスをご自身で処分する場合は、基本的には協力者が必要になります。正直なところ、一人で処分することは簡単ではありません。男性であれば、タンスを解体するといった方法も取ることができますが、女性や高齢の方などは難しいです。

 

そのため、一人暮らしの方であれば、素直に不要品回収業者を利用したほうが良いです。協力者がいる場合は、、自治体のルールに従って処分するようにしましょう。

 

粗大ゴミ処理券を購入し、指定の場所まで運んでしまえば、僅かな料金で処分することができます。

 

リサイクルする

 

タンスを処分するにはお金がかかるので、多くの人は売ることができないかを考えます。ただ、実際にはデザイナーズブランドでない限り買い取ってもらえないのが現実です。

 

家具の中でもタンスは飽和状態であり、ブランド品以外はゴミとして扱われます。そのため、リサイクルショップなどに査定に来てもらったとしても、逆に処分代を払って引き取ってもらうケースが多いのです。

 

このような現実からも、タンスはリサイクルするのではなく、どのように処分するのかを考えたほうが良いです。

 

業者を利用する

 

タンスを処分する上で最も現実的な方法です。料金はかかりますが、不要品回収業者であれば、部屋の中から持ち出してくれるので何もしなくても大丈夫です。

 

また、引越しに付随して処分を検討しているのであれば、その引越し業者に処分を依頼することができます。ほとんどの場合、不要品業者と同様に処分料金がかかりますが、引越しと合わせて一括で終わらせることができるメリットがあります。


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ