【ゴミ屋敷片付け】佐賀県小城市で片付けられない女性の収納お手伝い

【ゴミ屋敷片付け】佐賀県小城市で、片付けられない女性の収納お手伝い

佐賀県小城市の部屋片付け

 

弊社アークサービスは、片付けが苦手な方を対象に、片付けサービスを行っている業者です。今回は、佐賀県小城市にお住まいの、30代女性、E・H様からご依頼いただいた時の事例を紹介します。

 

お問い合わせ

お問い合わせのとき、E・H様は次のように話して下さいました。

 

「部屋の片付けをしていただきたいのです」

 

「今のアパートに引っ越してきて1年ほど立つのですが、物が増える一方で、部屋の中がごちゃごちゃしています」

 

「処分するものはあまりないのですが、収納のお手伝いをしてもらいたいです」

 

「部屋を片付けることができず、主人にいつも怒られて辛いです」

 

「佐賀県なんですが、一度見に来ていただけますか?」

 

このよう内容でした。

 

夫婦間、もしくは親子間で、部屋の片付けをめぐって喧嘩になる家庭はとても多いです。どうしても個人のものさしで図ってしまうため、Aさんから見るときれいな部屋でも、Bさんから見ると耐え難いということは良くあります。

 

同じ人間ではない以上、これはしかたのないことです。

 

しかし、このことで悩んでいる方はつらい思いをしています。E・H様もその一人であり、今回は弊社に助けを求められたという経緯でした。

 

今回は「見に来て欲しい」との希望が強かったため、他県ではありますがお見積りに伺うことになりました。

 

お見積り

お約束の日に、E・H様のアパートに向かいます。出迎えていただいたE・H様は、「すみません。こんな遠いところまで……」と、とても恐縮されていました。

 

ご挨拶をし、早速部屋を見せていただきます。

 

佐賀県小城市のゴミ屋敷片付け見積もり

 

部屋を見てみると、たしかに物が多く、服や雑誌が床に放置されています。収納はすでに物が入る余地がありません。

 

また、読んでいないと思われる雑誌や本が、本棚はもちろん、いたるところに放置されている状態でした。確認作業をしていると、

 

「典型的な『片付けられない女』という自覚はあるのですが、どうしていいのかわからないです」

 

「とにかく捨てることが苦手です」

 

と胸の内を話して下さいました。「どうしていいのかわからない」という言葉はよく聞きます。さらに、「散らかった部屋を見せることが恥ずかしくて、どこに相談していいのかわからなかった」とも話して下さいました。

 

弊社は、そのようなお悩みを持つ方のために仕事をしています。

 

話を戻します。E・H様は収納の手伝いを希望されていましたが、このままでは無理と判断しました。そこで次のような提案をしました。

 

  • まずモノを減らさなければ、部屋が片付くことはない
  • 要、不要の判断のお手伝いをするので、これを機会に処分してみてはどうか
  • 必要な物だけが残った時点で、収納のお手伝いまでする

 

このように提案しました。E・H様は、「わかりました」と即答していただけ、上記の内容で作業を行うことになりました。

 

お見積りにもご納得いただくことができ、正式にご契約です。

 

作業内容

作業当日。まずは物を減らす作業です。一番気になっているという、リビングから開始します。

 

実際に作業を始めてみると、「とにかく捨てることが苦手です」おっしゃられていたE・H様ですが、次々と不要なものを選別されています。

 

「片付けが苦手とは思えないほどテキパキと作業されますね」と本心をお伝えすると、「人がいるとなぜかできますね(笑)。プレッシャーですかね」と笑顔で答えられました。

 

このようなケースはとても多いです。一人ではできないことでも、第3者が入ることで、劇的にできるようになるのです。

 

ただ、頑張りすぎてバテてしまわれる方が多いので、「ゆっくりやりましょう」とアドバイスします。

 

そこからは、こちらが驚くほどスムーズに作業が進みました。

 

間取りは2LDKでしたが、各部屋の不要品を分けていただき、私が外に運び出します。キッチン周辺の期限切れ食料も処分し、この時点で非常に綺麗な部屋になりました。

 

次は、床に残っている衣類と本の整理です。

 

先ほどの作業で、十分にスペースは開いています。そこに必要な物だけを次々に収納していきます。すべてを入れ終えた時点でも、まだ余裕があるくらいに整理することができました。

 

写真を載せてほしくないとの希望だったので、お見せできずに残念です。

 

ここまできて、弊社から、「入れるスペースがあると、ついモノを買ってしまいます。そうすると、またモノが増えていき、散らかった部屋に戻ります。これからは本当に必要な物だけを購入するようにして、物を増やさないようにしてください」とアドバイスをさせていただきました。

 

E・H様は、「そうですよね。わかりました。でもできるかな?」と苦笑いでした。

 

最後に、E・H様から御礼の言葉をいただくことができました。

 

「今日は本当に助かりました」

 

「自分でもこんなに片付けができるとは思っていませんでした」

 

「これを良いきっかけにして、これからは自分でできるようになりたいと思います。主人に怒られるの嫌ですからね」

 

このような言葉を笑顔でいただきました。今回の作業はこれで終了です。

 

弊社では、片付けが苦手な方の支援を行っています。一人ではできないことでも、第3者を交えることでできるようになることは多いです。

 

片付けが苦手でお悩みの方は、一度ご相談ください。きっと力になれるはずです

 

【画像あり】佐賀県の他の事例を見てみる

 

福岡の事例も見てみる

 

トップページへ


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ