散骨の種類:自然葬、樹木葬、宇宙葬

散骨の種類:自然葬、樹木葬、宇宙葬

葬儀遺品整理

 

遺骨や遺灰をお寺に納めるのではなく、海や山などの自然に還すことを「散骨」といいます。散骨は埋葬法の一つであり、葬儀ではありません。

 

日本では火葬された遺骨や遺灰は、お寺に納められたりお墓に埋葬されたりすることが一般的です。しかし、近年ではこの散骨の人気が高まりつつあるのです。

 

その理由として、人は自然の一部であり、「死んだあとは自然に還りたい」といった思想から生まれたものだと考えられます。いまでこそ火葬が主流ですが、以前はこの散骨はとても一般的なものでした。

 

また、核家族化が進む現代では、お墓そのものを所有したくないという理由も挙げられます。「お墓の管理が煩わしい」「子どもに負担を掛けたくない」「お墓が高額で購入に踏み切れない」などの理由からこのような散骨への人気が高まっているのです。

 

このように注目が集まっている散骨ですが、実際にはどのようなメリットやデメリットが有るのでしょうか。ここでは、散骨の方法にはどのようなものがあるのか。そして、そのメリットとデメリットはどのようなことが考えられるのかについて解説していきます。

 

自然葬

 

故人の希望や遺言などで、「遺灰は海にまいてほしい」「遺灰を思い出のある生まれた土地にまいてほしい」というのもがあります。

 

この場合、遺族の判断にもよりますが、故人の遺志を尊重して希望通りに散骨する方法があります。このような散骨方法を「自然葬」といいます。つまり、自然葬は散骨の別名と思っていただくと良いです。

 

自然葬は法律で禁止されているわけではありませんので、やろうと思えばご自身で行うことも可能です。

 

具体的なやり方は、遺骨を粉末状になるまで砕きます。その遺骨の粉末を故人の希望通りの場所にまくことで自然葬(散骨)は終わりです。方法だけみてみるととても簡単です。

 

しかしながら、違法性がないとしても実際に散骨を行うときには、「節度を持って」行わなければいけません。例えば、喪服に身を包み大勢で遺灰をまいていては、周辺の住民から苦情がでる可能性があるからです。

 

また、自宅の敷地に遺灰をまくのであれば問題ありませんが、所有者がいる土地に散骨する場合は当然所有者の許可を得る必要があります。自治体によっては散骨を禁止しているところもあるので注意が必要です。

 

自然葬のメリット

 

・お墓を建立しないため、お金がかからない
・故人の希望を叶えることができる
・自然の摂理に則った葬法である

 

自然葬のデメリット

 

・遺骨のままでは散骨できない
・お墓に変わるシンボルがないため手を合わせにくい
・菩提寺がある場合は散骨そのものができないことがある
・一旦散骨した遺灰は回収することができない
・周囲の理解を得られないことがある

 

このようなことが考えられます。いずれにしても、メリットとデメリットがあることを認識し、後悔のない供養を行うようにしてください。

 

樹木葬

 

樹木をお墓に見立てて、その下に散骨する方法を「樹木葬」といいます。樹木葬は近年大変な注目を浴びており、全国各地で樹木葬を行うところが増えてきました。

 

散骨といっても、自然葬のように粉末にする必要はなく、墓地として許可された雑木林などにシンボルツリーを配置し、遺骨を樹木の下に埋葬する方法で行われます。したがって、通常の散骨とは少々異なります。

 

なぜこのような樹木葬の人気が高まっているのでしょうか。

 

日本人は樹木を信仰の対象とする一面があります。例えば、秩父今宮神社の龍神木などは有名なご神木です。大樹の生命力や神秘性は日本人の好むところであり、自然に還るイメージの葬法だからです。

 

また、自然葬とは違い、お墓に変わるシンボル(樹木)があるため、お参りがしやすいといったメリットが有ります。

 

しかし、デメリットもあります。それはシンボルである樹木のメンテナンスです。墓石であれば少々のことでは壊れたりはしません。しかし、樹木は生き物であるため、場合によっては枯れてしまうことも考えられます。

 

このようなデメリットもありますが、お墓の建立よりもはるかに安価で、自然に還ることができる樹木葬は、今後ますます人気が高まっていくと思われます。

 

海洋葬

 

海洋葬とは、海に散骨する葬法です。海に散骨する場合は、法律などで特に規定されているわけではありませんが、節度を持った散骨が望ましいことから、陸地から少し離れた海で散骨が行われます。

 

海洋葬を行う場合は、業者の船(クルーザーなど)に遺骨を持って乗船し、指定の場所で散骨するスタイルが主流です。自然葬や樹木葬と同じく、遺骨の回収は不可能なので注意が必要です。

 

宇宙葬

 

宇宙葬とは、その名の通り、宇宙に散骨する新しいスタイルの葬法です。「遺灰などを収めたカプセルをロケットに載せて宇宙空間に打ち上げる」、なんとも夢のある散骨方法ではないでしょうか。

 

ロケットを使った宇宙葬は日本では行われていません。代わりに、アメリカの宇宙葬業者と提携している日本の代理店があるので、宇宙葬を希望する人は日本の代理店に問い合わせる形になります。

 

業者によってはアメリカで打ち上げられるロケット発射に立ち会うことができるサービスも行っています。

 

日本で行われている宇宙葬に、バルーン葬があります。巨大なバルーンに遺灰を入れ、成層圏で散骨するスタイルです。宇宙葬は、空(宇宙)に手を合わせることができるロマンあふれる散骨方法です。

 

近年では、「遺骨はお墓に入れるもの」という意識が変わりつつあります。これまで述べてきたような散骨方法があることを知っていると、選択肢の幅が広がります。


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ