ホウキの種類と正しい使い方

ホウキの種類と正しい使い方

画像

 

最も手軽に使える掃除道具としてホウキがあります。ゴミやホコリをさっと集めることができ、その利便性から多くのご家庭で見ることができます。

 

ホウキの歴史は長く、平安時代にはホウキが利用されていたことが記されています。1000年以上も昔から掃除道具として使われてきたホウキ。

 

ここではホウキの基礎知識について触れていきます。

 

ホウキの種類

 

座敷ホウキ

 

座敷ホウキは屋内で使うホウキです。中でも畳を掃くのに適したホウキになります。さまざまな柄の長さが販売されており、自分の身長に応じて掃きやすいホウキを選ぶことができます。

 

特徴としてハリとコシがあるため、畳の目に入り込んだホコリもかきだすように掃除をすることができる昔ながらのホウキです。

 

手ホウキ

 

手ホウキは、柄が短くコンパクトなホウキです。服についたホコリをとったり、サッシの溝に溜まった汚れをかきだしたりするホウキです。

 

庭ホウキ

 

庭ホウキは、その名の通り主に庭などの外を掃除するときに使います。庭ホウキはコシが強く毛先が粗いため、強力に落ち葉やごみを集めることができます。

 

自在ホウキ

 

木や樹脂の柄に、短くコシのある繊維を取り付けたT字型のホウキです。学校や職場などで広く使用されており、一度は手にしたことがあるものだと思います。

 

毛先が短く掃いたときに毛先がはねないため、ホコリが立ちにくい特徴があります。フローリングやタイルを掃くときに適したホウキです。

 

ホウキの素材

 

ホウキ草

 

座敷ホウキで使われる素材がホウキ草です。適度なハリとコシが特徴で、非常に使いやすい素材です。

 

シュロ

 

シュロという木の樹皮を加工してホウキを作ります。シュロの特徴として、そのやわらかさがあります。ホウキ草はハリとコシでホコリをかきだすのに対し、シュロはモップのように床を撫でる感覚で掃くことができます。

 

そのため、ホコリが舞い上がりにくく、フローリングの掃き掃除に適した素材です。

 

化学繊維

 

化学繊維のホウキはさまざまな場所で使用されています。特徴として、耐久力に優れており、耐水性も抜群です。

 

また、加工がしやすく、室内用ではやわらかく加工したホウキや、外用でハリコシのある目の粗いホウキが利用されています。

 

 

庭ホウキの一つに竹ホウキがあります。竹はコシが非常に強く、先が粗い素材です。この荒さを利用して、砂利や小石に落ちているゴミをかきだしながら掃くことができます。

 

ホウキの正しい使い方

 

ホウキを使うときは、狭い場所から広い場所に向かってゴミを集めていきます。

 

ホウキは勢いよく掃くとほこりが舞い上がってしまうため、ホウキの先を床から離さず、撫でるように掃いていきます。このとき床と水平に動かすことがポイントです。

 

ホウキは床の素材に合わせて私用することが大切です。畳を掃くときは、座敷ホウキを使用し畳の目にそって掃いていきます。フローリングを掃くときは、シュロホウキなどの穂先が柔らかな素材を選んで、撫でるように使用するとホコリが立ちません。

 

ホウキは掃除機のように排気が出ることがないため、正しく使えばハウスダスト対策にも役に立ちます。

 

ホウキの収納方法

 

ホウキを収納するときは、穂先が地面に接地しないようにしなければいけません。穂先を接地させたまま保管すると、穂先が曲がってしまいホウキ本来の働きをしなくなるからです。

 

そこで、ボックスなどに逆さまに保管するか、フックなどを利用しぶら下げて保管するようにしてください。それでも穂先が曲がってしまった場合には、霧吹きなどで水をかけ乾燥させることで元に戻ることがあります。


ゴミ屋敷・汚部屋、遺品整理の現場

少量のゴミ片付けの事例

北九州市で少量の不用品回収

大量のゴミ片付けの事例

北九州市で大量のゴミが残された部屋片付け

遺品整理の事例

福岡で一軒まるごと遺品整理

 

少量の不用品回収からゴミ屋敷まで

ゴミ屋敷片付けのアークサービスが選ばれる理由

 

電話での問い合わせ

 

メールでの問い合わせ

トップページ 料金のご案内 よくあるご質問 対応エリア 代表挨拶 お問い合わせ